インズウェブ 自動車保険 見積もり

前回の一括見積もりの反省点を踏まえ、
保険料を安くするコツをみつけた。

 

それは、このページの最後をよく読んでほしい。

 

インズウェブは、保険代理店ではないので、特定の保険会社をオススメするということはありません。
だから、見積もりも中立に各社から出てくるのが特徴。

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

自動車保険見積もりのインズウェブ公式サイト ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.insweb.co.jp/)

 

入力ページは、他社に比べて少なく、すぐにメールで結果がでてくる。

 

最短5分の入力と広告では謡っているが、入力も簡単で最小限だった。
最大20社となっているが、実際に送られてきたのは3社。即答は2社。

 

保険料も本当に安いものだった。

 

以下は、インズウェブの自動車保険の入力画面です。
CMでおなじみらしいです。

 

 

用意するのは、保険証券と免許書だけ。

 

トップ画面で車のメーカーを入力後、以下の画面。
車穂情報です。初年度登録、メーカー名、車名、形式を入力した。
すべてプルダウンメニューなので、キーボードを打つこともない。
ぽちっとするだけだった。

 

保険の加入状態をを選びます。
現在、保険に加入しているかいなか、主な車の使用地と目的を選択した。

 

次に運転者の情報を入力。
氏名、生年月日、性別、結婚情報、職業、免許の色・・・・
淡々と入力する。

 

入力した情報の確認画面。
この画面からも、修正できる。

 

間違いがないか、確認し、送信ボタンをおすと、
見積もり請求可能な保険会社がでてきた!!
3社であった。

 

見積もりをGETをおすとメールで、早速2社。後日郵送で、3社から見積もりが届いていた。

 

結果は、、

 

東京海上グループ/イーデザイン損保 30,390円 30歳以上補償 人身傷害補償 3000万円  搭乗者傷害 無し
三井ダイレクト損保 23,360円 35歳以上補償 人身傷害補償なし 搭乗者傷害 500万円
SBI損保 23,060円 26歳以上補償 人身傷害補償なし 搭乗者傷害 500万円←最安値

 

入力項目をまとめると、以下のような内容。

 

 

となった。もともとの保険料が、40390円(全年齢補償+地域両立は鳥取県)だったので、
SBIだと、2万1610円ほど安くなった。これはすごい!!

 

ただし、私の場合は、46歳ですが、28歳の嫁も乗るので、
26歳以上補償のSBI損保ば、インズウェブの一括見積もりサイトではベスト、、
ということになる。

 

自動車保険を安するコツを考察その1

 

車の使用目的のところで、日常・レジャーを選択した。
年間走行距離は、2000-2999km。
例え、通勤・通学を選択したとしてはたして、年間走行距離をメーターで確認するだろうか、、、
保険会社が検証することが難しいのではないか、、と思う。
あくまでも、主観であるが。

 

 

自動車保険を安するコツを考察その2

 

保険契約者との続柄の欄。
契約者本人を選択した。

 

 

その下の、運転する家族の追加。これを(主な運転者だけ)にした。

 

しかし、他の人が運転していても保険が適用されない、、という項目ではなさそうだ。
保険契約者との続柄で、主な運転者の続柄、、と書いてあるので、
本人以外の他の人が運転していて、事故っても保険適用になる、、という解釈をした。

 

主な運転者の続柄=契約者本人
追加する運転者の人数=いない

 

と入力したはずなのに、結果は、保険会社によって、
26歳以上、30歳以上、35歳以上とさまざまな年齢を出してきたのは、興味深い。

 

このあたりは重要なので、本契約前に確認が必要だ。

 

保険の窓口、インズウェブの一括見積もりを使っての感想は、
最大20社と謡っていても、実際に見積もりがきたのは、3社だけだった。
ただし、Webサイトが見やすく、見積もり後には、
自分の専用画面も提供され、たいへん、見やすく分かりやすい。
いずれにせよ、入力がシンプルで、本当に安い見積もりがきたのには、本当に助かる。

 

以上、ご参考までに!!