自動車をぶつけた

実際に事故を起こしてしまいました!その後の対応はどうなの?

 

コンビニで他の車とぶつけてしまいました。(実話です)

 

幸いお相手にも怪我はありませんでした。
しかし相手の車に凹みができてしまいました。
(誠意をもって対応させて頂きました。やったことはチューリッヒに電話しただけですが。)

 


 

結果、保険会社にすべてお任せをしました。
(対応も親切で丁寧でした。)

 

相手とのやり取りはすべてチューリッヒの担当者が行ってくれました。
事故後の経過は電話で連絡してくれますが、
ネットでも「事故・保険金支払い情報の確認」でみることができます。
(履歴をみてみると、結構決め細やかな対応をしてくれています・・)

 


 

やっぱり、自動車保険は最安値で済ませたかった

 

多少高くても、顔を知っているディーラーの担当者から紹介された保険会社がよかったので、
一括見積もりサイトに入力しまくりました。

 

入力は3分で完了

 

最大○○社に一括見積もりできるサイトを何個も登録
手元に「保険証券」、「免許書」、「車検証」の3つがあればOKです。
(営業マンのしつこい勧誘もありませんよ〜!)

 

 

 

自動車保険の保険料。最安値をみつける簡単な方法は、何社も見積もりを取ること

 

保険料は複雑。保障内容によっても違ってくるし、
過去に事故を起こしたかどうかによっても違ってきます。

 

これを“私の条件”でした。

 

事故を起こしたときの保障内容によっても、
自分の車を壊したときの保障の有無によっても、
“最安値”は違ってきます。

 

最安値はどこだったのか?

 

私の場合は“同じの条件”
保険料が一番安かったのは、チューリッヒでした。

 

その方の事故暦とか条件によって、最安値の会社は違うみたいです。
(いろいろ試してみてください。)

 

すべて電話やネットで対応する通販型と呼ばれる保険会社。
人件費を抑えているのでしょうか。
サービスの質も気になりました。

 

何社何社も・・見積もりを取るのは大変!!しかし、、

 

一社一社に電話したら多くの営業マンから電話がかかってきた!!

毎回、車検証の内容を電話で伝えるのは大変だ・・

 

こんな手間を省くためにはどうしたらよいか・・知りませんでした。

 

実は・・簡単な方法が“一括見積もり”だったのです!

 

 

21社に一括見積もり。入力時間はわずか3分。

 

 

面倒なことなしに、最大21社までの
自動車保険の最安値を見つけることがわかるのです!
各社が競って最安値を出してきます。

 

だから、今の保険と同じ条件で、どれだけ得をするかがわかるのです!

 

 

インターネット限定の保険割引もあった。

 

継続時のネット割引、早割りは
多くの通販型自動車保険で使われてきました。

 

例えば、イーデザイン損保という会社や、セゾン保険の場合。
新規で契約すると、更新時から毎年1万円の割引となります。

 

保険の乗り換えでも、ネットで済ませると、1000円とか1500円の割引がある保険会社も多いです。

 

 

でも、、安かろう、悪かろう・・じゃないかと不安でした

 

ディーラーなどで進められる今までの保険は、
事故が起こったときに営業マンと保険会社の担当者が事故現場にきてきれたりする場合もあるそうです。
味方が事故処理現場にいると、おおきな安心感をえられます。

 

その点通販型保険は、事故処理は
電話で済ませることが多く現場にはほとんど来ないことが多いようです。
(それでも相手側との間にたって交渉はしっかりしてくれました)

 

実際に一括見積もりを利用した人の生の声も気になりました。

 

一括見積もりを使ってよかった点
いろいろな保険を比較できるので便利でした。
自分の条件での価格が簡単に比較できました。
普通に自動継続するよりもお得です。
有名な通販方保険会社がひととおりそろっています。
保障やサービスを同じ内容で比較するのがポイントです。

 

比較することが大切です。
じっくりと一度に多くの見積もりがとれるのは簡単でした。
安すぎず、高すぎず、自分に合った保障内容の保険がみつかりました。

 

いずれにせよ、複数のの一括見積もりサイトに、何個も入力することで、
必ず、もっとも自分の条件に合う保険会社が見つかります。

 

ポイントは、車検証、免許書、保険会社の証券を手元に置き、一気に入力することです!!